スプレッドが狭い事や注文が通りやすい事など

ykさん (33歳)男性

Q FXに挑戦したことはありますか?
はい
Q FXはリスクが高いと思いますか?
いいえ
Q FXに関して知っている用語とその簡単な解説を、思いつく限りお書きください。
「FX」=外為証拠金取引、証拠金取引によるレバレッジ取引
「証拠金」=保証金 実際の取引にかかる金額の一部
レバレッジ取引=テコの原理 少ない資金で大きな取引をする事から由来
「スワップポイント」=通貨ペア(2国間)の金利差から生じるポイント 取引に応じて金利を受け取ったり、支払ったりする。
「スプレッド」=売値と買値。NEWSなどで『本日の為替市場は1ドル82円12銭~82円14銭です。』と聞いた事や見た事もあるかと思うがこれの事で82 円12銭が売値、82円14銭が買値。その2銭がスプレッドと呼ばれスプレッドが少ない業者や通貨の方が比較的有利に取引が出来る。
「ストップロス」=自動損切り 預かり証拠金の額がある一定を下回ると自動的に損切りされる
Q FX業者はどのように選ぶべきか、あなたの考えをお書きください。
スプレッドが狭い事。広いとどうしてもデイトレードを行うのに足枷となってしまい、一度の取引の手数料を多く払ってしまう事になるので。
価格が注文時、約定時に滑りにくい事。これもデイトレードの際折角のタイミングを逃してしまう事となりいらぬコストがかかってしまうため。
注文が通りやすい事。約定価格が滑らないように設定すると、今度は極端に注文が通り難くなる業者がいるので比較的通りやすい事が条件。
信用できる業者である事は当然で資金がきっちり保全されているなどもきっちり見ておく必要がある。サーバーがダウンしない事、落ちると注文が一切出来なくなるので気づけばストップロスで決済されたなんて事もありえるので、しっかりしたサーバーを持っている事。
通貨ペアが沢山ある事、色々な銘柄が選べる方が楽しいから。